Brynhildr

KeroRemote

リモートデスクトップエンジニアのブログ。

Windows版リモートデスクトップ
「Brynhildr(ブリュンヒルデ)」について大切なお知らせ
この度「Brynhildr」をシェアウェアとさせて頂きました
引き続きご利用される方はライセンスのご購入が必要となります
ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします
詳しくは「こちら」をご覧ください
リモートデスクトップ「Verethragna 0.12.2」リリース



遂にRGB32の色空間で超高画質を実現です。

Verethragna Download



リモートデスクトップ「Verethragna 0.12.2」をリリースしました。

まず、色空間にRGB32を追加しました。YUV444はRGB32に置き換わりますので、コマンドラインオプションでは「/colospace:1」と指定するとRGB32での描画になります。同様にクライアントモードのメニューもYUV444に代わりRGB32になります。負荷がわずかに増えましたが画質はYUV444の時よりもやや向上して超高画質になりました。YUV444で既にほぼ無劣化でしたので画質はやや向上程度なんですが、BT.2020といった計算式は使っておりませんのでそこが注目点です。元々、独自開発のYUV444はRGBとYUVのハイブリッドの構造ということのは既にお伝えした通りでそこからYUVの要素を取り除いたのが今回のRGB32となります。ただ、圧縮率を高めるために符号化と量子化は行ってますので完全に無劣化ではありません。ただ、自己満足感は凄いです。

 

次に、サーバーモードの待機で利用しているソケットのacceptをAcceptEXに変更しました。これにより弊害が出る可能性がゼロではありませんが、将来的に登場するブラウザ接続の大事な鍵の1つですので、何か不都合がありましたらご連絡ください。

次に、クライアントモードでの接続開始時に描画される変な枠を軽減しました。たぶんタイトルバーの痕の白い枠を見えにくくしたつもりです。気になってしょーがありませんでした。

次に、終了処理の仕様を変更しました。ほんのほんの少しだけ速く終了するようになったと思います

次に、RGB32の実装により通信バージョンを変更しました。これにより以前のバージョンのVerethragnaとは通信できませんのでご注意くださいませ。

あと、ループの処理を変更したり暗号化のパラメータを変更したりブラウザ接続の事前準備(GDI+の実装など)などの細かな修正を施しております。

以上でございますー。


コメントはまだありません ... ( 管理人承認制 )





... 不具合報告の際は、アプリのバージョンやOS等の動作環境の記載を御願い致します。

表記されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。
© 2010-2023 KANEKO